ドッグフード工場のひどい現状

これからお伝えする内容はひどいものだが、すべて事実である。

このニュースはEarth Island Journalに載っていたものを許諾を手にして転載したものです。
動物たち用飼料生産工場のフロアには何千もの犬や猫の「生のままの材料」が重ねられている。
牛や羊、豚、馬から切り得た頭や蹄もあります。すべて苦々しいほど気味の劣悪なものだ。
ネズミもアライグマもすべて加温切断なり得るのを迎える。

空調30℃におきまして、そちらの死骸の上には恐るべき数のウジが団子状態になっている。
バンダナでマスクをした2人の男性がちっちゃなブルトーザーを運転して、その死骸をすくいとって、深さ3メートルのステンレス製のピットに運び入れします。
その男性らは、汚い部分の仕事をしているせいで、メキシコからやって来た違法労働者だという。
ピットの底にある大きな渦巻き状の錐(きり)が旋回し始める。
骨がポキポキ破損する音や肉を圧搾する音声は夢魔の唸り声みたいであり、決して忘れ去ることができない。

レンダリング(rendering)は生の状態の生き物の死骸から良質の油脂分を搾り取るプロセスだということです。
レンダリング作業場は大きな台所と同じ様なと場所です。
料理人とか、料理長と名付けられている人は、犬猫の死骸と家畜や鶏の老廃物、かつ、百貨店の粗悪品パーセンテージをある程度の割り合いをキープするために、そういった新鮮な死骸を混合する。
ひとたび、大型のかたまりは切り刻み込まれてちっちゃい肉片とされて、さらに、ごちゃごちゃした肉片になるために異なった渦巻き状の錐(きり)に運ばれる。しばらくすると、140℃で1時間加温なされる。

ぶっつづけて同時加工するプロセスで、スープの中で肉が骨から溶けて分け隔てるように、1日に付きいつでも一週間7日連続加熱処置される。
その加熱処理を敢行している状態で、黄色いグリースみたいな脂肪、一口に言うと、獣脂が発明されて、スープの外見に浮かびあがり、すくい搾り取られる。

加熱処理されていた肉と骨はハンマーミルの縮小機に移送される。この圧縮機で残されていた水気は圧搾され、破壊されて、砂くらいの粉末にされている。
余分な毛とでっかい骨片は画面の付いた振盪機で選抜される。
ひとたびのバッチ処理が終われば、イエローの獣脂と肉骨粉が仕上がる。